ホーム         百円寄席トップ

第106回 ゆりっくす日曜百円寄席

2016年12月11日(日)

気温は平年並みの冷え方でしたが、すっきり晴れた、まずまず過ごし易い結構なお天気でした。有難いことに今回も前売券160枚完売。最終的には138人のお客様がお越しくださいました。いつもより子供さんの人数が多かったようです(10人余)が、今回もよく笑って下さる、それこそ笑い上手なお客様で、大いに盛り上げてくださいました。 今回は、毎年恒例の社会人落語福岡公演の流れで、兵庫の竜宮亭無眠さん、広島の秋風亭てい朝さんがゲストに加わって下さり、お客様にはお得感満載の会になったのではと思います。当日は地元の情報誌の取材もあり、満員の会場の雰囲気を写真に収めていました。


満員の会場

「寿限無」 寿亭茆町
 
お馴染みの演目にもかかわらず、百円寄席では今回が初登場。名前の言い立ての組み
立てにはご本人の工夫もあり、納得の高座。開口一番から会場は一気に笑いモードに!

「加賀の千代」 粗忽家酔書

大好きな「甚兵衛ネタ」のひとつで楽しく演らせていただきました。ただ、演じ手が楽
しんだ分、言葉の説明や、聞き取りやすさ等、お客様をもう少し意識した方がよかった
と反省。「語り芸は伝わってなんぼ」という基本をあらためて思い出した次第です。


 「里帰り」(春風亭柳昇作) 秋風亭てい朝
 
百円寄席では初登場の演目。嫁と姑の確執、実家の父親の衝撃的な殺しの策略…
文字で書くと異様な内容が、てい朝さんのほのぼのした語りによって笑いの渦に。
 
 紙切り  粗忽家酔書

    鋏試しで「桃太郎」、リクエストを頂戴して「皿の割れた河童」「そりに乗られたサンタ」。
お客様に「そりに乗った」じゃなくて「乗られた」?と確認すると、「はい、まともなのは
簡単過ぎると思って」との答え。いえいえ、簡単なのでいいんですけど…

    「青 菜」 竜宮亭無眠

無眠さんは今回2回目のご出演。大阪や東京の社会人落語選手権で複数回優勝経験 がある
という実力の持ち主。「青菜」は夏の演目の代表ですが、ご本人の「年の瀬、お客様には大い
に笑って帰っていただきたいので」とのことで敢えてこのネタに。その言葉通りに会場は大爆
笑のうずに。 かくして、今年の日曜百円寄席も無事に「御披楽喜」(おひらき)となりました。
 
 
 ホーム       百円寄席トップ





100MBz[y[W ˆT[o|bvClick Here!